ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【犬ぞりのルーツ!?】
リメイクされた今話題のあのドラマにちなみ、今回は犬ぞりのルーツを探ってみます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちょっと変わった、クマノミの習性。】
カクレクマノミという名前の魚をご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【獲物を求めて縦横無尽、ニホンヤモリ。】
イモリとヤモリ。名前は似ているがまったく別の生物だ。イモリは水中に暮らす両生類、ヤモリは陸上に暮らす爬虫類の仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヘビクイワシはヘビがお好き?】
 “ヘビクイワシ”という名前の猛禽類がいる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちっとも白くないのに、なんで“シロ”サイ?】
動物の名前は、体の特徴からつけられるものがけっこう多い。だが、アフリカに生息するシロサイは、決して白くない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ナマケグマはなまけ者か?】
生きることになまける動物っているのだろうか?なまけたらそれなりのしっぺ返しがありそうな気がする。しかしそうしたニュアンスの名前をもった動物は存在する。ナマケグマもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本でイグアナが繁殖?】
ここのところたて続けに爬虫類が捕獲されて話題になった。といっても本来日本には住んでいないはずの生物である。その正体はといえばニシキヘビの仲間とイグアナだ。場所はそれぞれに違うが、いずれにせよペットとしてもち込まれたものが逃げ出すなどして、発見されたものといっていい。こうした動物に関しても、種類によっては日本の自然になじんで帰化する可能性も十分にある。このニシキヘビやイグアナに限らず、ペットとして生物の飼育を始めた以上は最後までしっかりと面倒をみる。至極当然なことではあるが、飼い主にとって最低限守らなければならないルールなのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【一般に公開されたツシマヤマネコ。】
日本に生息する野生のネコは2種類である。沖縄の西表島に生息するイリオモテヤマネコと、長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコだ。このツシマヤマネコが対馬の野生生物保護センターで一般公開された。こうして一般に公開することで、ツシマヤマネコへの関心や環境保護といった意識を高めるのがねらいのようである。ツシマヤマネコは、現在その推定生息数は多くて90頭前後といわれている。彼らの保護には生息地の保護のみならず、人々の関心も当然必要なわけだ。2種類だけが日本に生息している野生のネコ。この一般公開を期に、その存在や貴重な動物の保護に関心がむけられればいいことだともいえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ラクダの豆知識】
ラクダのこぶの中には何が入っているのでしょう?

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)