ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【いまをさかのぼること室町時代に渡来した、金魚。】
シャケやタイ、マグロなど食べる魚は別にして、魚の中でも身近なもののひとつが金魚ではないだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【勇猛果敢な群れで暮らすドール。】
東南アジアをはじめ、アムール地方などかなり広範囲に渡って分布する、イヌ科の動物ドール。数頭から15頭前後の群れをつくり、グループで狩りをしながら暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【多彩な表情をもつスナメリ。】
クジラの仲間の中でももっとも小型の部類になるスナメリ。水族館などで、首をかしげ興味深そうに人間達を観察する彼らの姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本のトキ。】
「キン」と呼ばれ唯一生き残っていた日本産の最後のトキが、先日他界した。人間に推定すると100歳を越える年齢で、そうした意味では大往生である。しかしこのことで、ニッポニア・ニッポンの学名をもつ日本産の鳥は、絶えてしまったことになる。朱鷺色という日本の伝統色がある。限りなく白に近い淡い紅色をいう。この美しい日本産の生きた鳥を、目にすることはもうない。われわれは最後の一羽の死に、多くを学ばなければならない。そうした境遇におかれた日本の野生動物は、多くが存在するからだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シャチをめぐる野生動物保護の難しさ。】
大海原を行く大型のハクジラの仲間、シャチ。かつては日本の近海でもみられたといわれている鯨類である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【夢を食べる動物といわれるバクは、子どもから親へと体色が変わる。】
黒と白の大胆なツートーンの体色をもったマレーバク。ゾウほどではないが、少し伸びた鼻のある顔つきがユーモラスである。ずんぐりとした体つきは、一見したところブタの仲間のようにも見えないこともないが、サイやウマの仲間である奇蹄目に分類される。ちなみにブタは、ラクダやキリン、ウシ、シカといった多くの動物が含まれる偶蹄目の仲間たちだ。さてこのマレーバクだが、母親に産み落とされたのちに急速に成長することが、観察の結果明らかにされている。子どもでは赤褐色の体に白い斑点や縞模様があるが、6ヵ月もすると親と同じ黒と白の体色になり、体重も100㎏を越えるらしい。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【大空を滑空するカエル?】
カエルが“飛ぶ”といっても、誰も驚かないだろう。カエルは跳ぶものだからだ。でも、“跳ぶ”のではなく文字通り空中を“飛ぶ”のだとしたら??

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【美しさが命取りになった、ミイロコンゴウインコ。】
その美しさゆえに絶滅へと追いやられた動物というのも少なくない。このミイロコンゴウインコもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【朱鷺色に染まれ】
古来からの日本の色に「朱鷺色」という色彩がある。デリケートな表現をもった日本の色彩だが、文章で説明するなら、さしずめ限りなく白に近い朱色といえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【“美しいクチバシ”という名前をもつ鳥。】
赤いアイラインと眉毛のような飾り羽に、赤いくちばし。ピエロのような姿をした鳥、エトピリカだ。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)