ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人と共に生き、暮らしてきた動物。】
ペットではないが、家畜として我々人間と深いかかわりをもちながら暮らしてきた、ヒツジ。彼らは人が暮らしていく上で、その肉を提供してくれたと同時に、暖かな羊毛をもたらしてきてくれてきた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「カチガラス」って、なに?】
日本では北九州一帯に分布している留鳥、カササギ。カラスの仲間だが体は黒と白のツートンカラーで、すらっと伸びた尾羽がスマートな印象を与える鳥である。佐賀県では天然記念物に指定されており、さらに県の鳥にもなっている。大きな木のなくなった今日では繁殖にももっぱら電柱が利用され、それによりしばしば停電騒ぎも招いたようだ。現在では彼らとの共存を目指して対策が講じられ、事なきを得ているようだ。カササギの暮らす地元では、彼らのことをカチガラスとも呼んでおり、それは鳴き声にちなんでのもののようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【魚の体を掃除する、白と赤の美しいエビ。】
アカシマシラヒゲエビ。最近ではこの名前の方が使われるようになったが、以前は「アカスジモエビ」ともよばれていた。白い体に赤いラインがすっと入った7センチメートルほどの美しいエビである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オリックスの特殊な能力。】
乾燥地帯に強い動物として、ラクダが知られているが、東アフリカのサバンナや砂漠のような地域に暮らしているオリックスも、乾燥地帯に強い動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【絶滅した巨大有袋類 ディプロトドン。】
コアラやカンガルーなど、有袋類の大陸として知られているのがオーストラリア。その昔、そこには体長が3メートルもあった有袋類が暮らしていた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハゲワシはなんてあつかましいの?】
サバンナなどを紹介するTVなどで必ず登場するのがハゲワシ。頭が禿げ上がった醜悪な外見もさることながら死肉のみを食べると言うところも嫌われ者になる要素充分。しかも、百獣の王ライオン様のお食事中にわらわらと群がってきて、ライオン様が追い払おうとしてもほんの数m飛び下がるだけ。この横着さがこれまた憎らしいと言う人も多いのでは?ところでハゲワシはほんとに横着なのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【真っ白なフクロウ、シロフクロウ。】
その名の通り、全身がまっ白なシロフクロウ。これは彼らが雪に被われるような環境に暮らすことに由来している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【多彩な表情をもつスナメリ。】
クジラの仲間の中でももっとも小型の部類になるスナメリ。水族館などで、首をかしげ興味深そうに人間達を観察する彼らの姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タツノオトシゴ】
馬のような顔に、奇抜な模様の曲がりくねった細長い体。尾をサンゴなどにからめてじっとしているタツノオトシゴ。まるで小さな竜のような見た目ですが、これでも魚の一種なのです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【玉虫色のクワガタ】
写真の昆虫は、パプアキンイロクワガタという名前の小型のクワガタで、その美しい体色で注目されています。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)