ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ラクダの豆知識】
ラクダのこぶの中には何が入っているのでしょう?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本固有種、アマミヤマシギが・・・。】
世界自然遺産の国内の候補地にも上がっている地域に含まれる奄美大島。ここに生息する固有種のアマミヤマシギが、その数を減らしているようだ。その生息数の調査がはじめられて以来、目撃数が急速に減っているというのである。理由としては開発や林道の整備といった環境の変化も大きいに違いないが、人為的にもち込まれた動物の影響も軽視するわけにはいかないようである。人間の都合だけで連れてこられた動物たちが、本来生息している生物に影響を与えているわけだ。安易な生き物の移動は、自然の生態系を蝕む元凶にもなりかねない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【小さな怪獣、サバクツノトカゲ。】
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ベルツノカエルの繁殖は、とってもムズカシイ?!】
天気予報や洗濯物とにらっめこをする梅雨の時期になりましたが、今回はそんな季節を喜んでいるカエルのお話です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【野生のヤマメの行方は?】
緑の森をぬうようにして流れる清流。そうした清らかな流れが、ヤマメの住処である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒースヘンのような絶滅を避けるために。】
最近わが国の特別天然記念物であるライチョウが減っていることが、調査により明らかにされた。そしてかつて北アメリカでごく普通にみられたというライチョウの仲間ヒースヘンが、絶滅してしまったという事実が残されている。人により狩られて減少し、最終的には保護の措置がとられたが、度重なる天災など環境の変化が彼らを絶滅に追い込んだ。日本のライチョウにも同じことがいえるのではないだろうか。彼らの住める環境があってこそ、人間もまた暮らしていくことができるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【集団で魚を狩る、モモイロペリカン。】
ユーモラスな姿で物語や企業のキャラクターにもなっているペリカン。
ペリカンのトレードマークといえば、なんといっても特徴的な大きなくちばしとその構造だろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ダイビングが得意なウミイグアナ。】
限られた環境にしかみられない生物を固有種というが、そうした生物が多いことで有名な地域のひとつがガラパゴス諸島である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【高山に暮らすネコの仲間、ユキヒョウ】
雪のような体色からその名前のあるユキヒョウ。中央アジアの山岳地帯に暮らす、ネコの仲間の中でももっとも標高の高いところで住んでいる動物である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【タンチョウヅル】
タンチョウを含めたツルの仲間は、わが国で繁殖している鳥の中でも、最大なもののひとつである。ペアが向き合いながら飛んだり跳ねたりし、甲高い声で鳴きあう求愛のダンスも有名だ。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
61~70(247件中)