ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【輸入が禁止されたプレーリードッグ。】
ペットから人間に移る感染症がある。人獣共通感染症と呼ばれるものだ。これは狂犬病をはじめ、イヌやネコといったペットにも少なからずある。ペット愛好家が1年に1度ワクチンの接種を行うのは、そうした病気への感染を未然に防ぐためだ。2003年の2月、感染症の予防などに関する法律が改正され、それを受けて2003年の3月ペットとしての人気が出始めたプレーリードッグの輸入が禁じられた。法律に基づいた措置ゆえ厳守する必要があるが、ペット愛好家として考えなければならないのは彼らの適切な管理である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巧みに木を利用するヒョウ。】
ネコ科の動物の中でも、分布が広いとされているヒョウ。黄色っぽい地色に花びらのような大胆な体の模様は、ファッションなどにも取り込まれているのはご存知のとおりである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペッカリーの受難。】
既に絶滅していると思われていた動物が、実はまだ存在していた、ということはままある。発見されてまだ三十数年チャコペッカリーもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【月の砂漠を旅するラクダ。「砂漠の船」と呼ばれる体は、過酷な環境によく適応している】
猛烈な砂漠という環境を行くキャラバン隊といえば、トレードマークといってもいいのがラクダの存在である。コブがひとつのヒトコブラクダ、二つあるフタコブラクダが知られているが、少しの水と食べ物だけで重い荷物を背負って、1日100㎞もの移動が可能だ。その秘密は背中のコブ。昔は水がつまっているとかいわれてきたが、現在では脂肪がつまっていることは広く知られるようになった。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ガラパゴスゾウガメ】
ゾウガメと名前がつく種類には、世界に二つがある。太平洋に棲むこのガラパゴスゾウガメと、インド洋のセイシェル諸島に分布するアルダブラゾウガメだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ウサギの名前がついたワラビーは、体もノウサギ色だった。】
かつてオーストラリア南東部に生息していたという、その名も“ウサギワラビー”。地上性の小型のワラビーで、かつては草原に普通に暮らしていた有袋類だったという。小型で耳が長く、ノウサギ色をしていたところからついた名前かも知れない。しかしやはりワラビーの仲間に属すため、尾は長く、カンガルーの体つきをしている。日中は草むらで眠って過ごし、夜になると出てきて草を食べていた。その様子はウサギに似ていたようである。そんな彼らだが、やはり人による生息地の開発と、外敵の侵入によって絶滅に追い込まれたようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【水上に産卵する魚、コペラ・アーノルディ。】
魚はふつう、水の中で一生を過ごします。水の中で暮らし、水の中で産卵し、水の中で生まれるのです。ところが、なかには例外の魚もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カモノハシのトレードマークは重要なセンサー。】
オーストラリアを代表する珍しい動物のひとつ、カモノハシ。彼らは水中での暮らしに適応した哺乳類ですが、もっとも特徴的なのがその「クチバシ」でしょう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人と共に生き、暮らしてきた動物。】
ペットではないが、家畜として我々人間と深いかかわりをもちながら暮らしてきた、ヒツジ。彼らは人が暮らしていく上で、その肉を提供してくれたと同時に、暖かな羊毛をもたらしてきてくれてきた。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
71~80(247件中)