ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【棘のあるお父さんの、子育ての季節。】
背ビレや腹ビレの棘が目立つことから、トゲウオの名前があるハリヨ。ハリヨは一般に産みっぱなしの多い魚たちの中で、なかなかの子煩悩ぶりを発揮する。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カエルがカプセルに...?】
まずは写真を見てください。カエル入りカプセルの登場?いえいえ、これはカエルがカプセルに入ってるわけではないのです。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【幻になってしまった特別天然記念物。】
空想の生き物として、日本人に馴染みの深い「河童」。その元になったともいわれているのがニホンカワウソの存在である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【地上で最も美しいといわれる鳥、ケツアール。】
中米に分布するキヌバネドリの仲間、ケツアール。グアテマラでは国鳥にも指定されている、非常に美しい鳥である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【帰化生物について考えよう。】
前回豆知識では日本に運ばれて定着したとされる動物、ハクビシンについて取り上げてみた。今日ではこのハクビシンのほかにも多くの帰化生物たちがおり、その数は200種類を越えるともいわれている。代表的なところでは、しばしばマスコミでも取り上げられるブラックバスやアライグマ、各地でその勢力を広げつつあるミドリガメといったところだろうか。「帰化動物」という言葉は、単に本来分布しているところ以外で暮らしているということをいうのではない。その環境で繁殖し、繁殖している生物をさしている。これにより当然、本来生息していた生物たちは少なからず影響を受けることになる。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【狂犬病は過去のもの?】
狂犬病は、狂犬病ウィルスを病原体とする人畜共通の感染症(人にも動物にも感染する病気)で、人が発症すると100%死に至ります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ゾウの歯は、一生に6回生え変わる。】
ゾウといって誰しもが想像するのが、地上で最も大型の哺乳類であるということだろう。実際にアフリカゾウでは5トン以上に成長し、体の高さも3から4mになるともいわれる。次に思い浮かぶのが、その長い鼻に違いない。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エゾシカの数の管理が、オオワシに与える影響。】
冬、北海道東部へとやってくるオオワシ。わが国で最大ともいってもいい、勇壮さを誇るワシタカ類である。以前彼らの餌の主流は、訪れた地域で盛んになるタラ漁のおこぼれだった。それがいつしか頭数を管理するための狩猟による、エゾシカへと変わったようである。そこで問題が生じた。猟に使われる散弾銃に含まれる、鉛の存在である。シカを食べることで体内に入る鉛で、中毒死してしまうのである。片や生息数の調整が必要なエゾシカ、そしてそれに伴う天然記念物であるオオワシの中毒死。彼らの保護にも、一貫した自然保護の精神の定着が必要といえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【住宅街の緑地帯にグリーンイグアナが出現。】
最近ペットとして飼育されていた生物が色々なところで発見され、ニュースになることがしばしばある。以前にワニの捕獲の話題にもふれた。今度は住宅街の緑地帯に、グリーンイグアナである。本来動物園などで目にする生物が、普通にいる様子に、おそらくその発見者もびっくりしたに違いない。問題はこうしたペットを飼う側の、モラルの問題である。飼育をはじめた生物は、必ず最後まで面倒をみる。この最小限果たさなければならない義務も、おろそかになっている部分があるようだ。ペットは飼い主を選べない。これはイヌネコに限ったことではないのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【コウモリは吸血鬼の化身か?】
コウモリは翼手目に属する哺乳類の一種で、哺乳類として唯一自由に空を飛ぶことができ動物である。 

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)