ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペットについて、考えよう。】
ちょこちょこと歩く、コミカルな姿が可愛いミドリガメ。ふとペットにしたくなってしまう彼らだが、もし入手するなら、あらかじめ予備知識をもってから臨んでもらいたいというお話。5センチ程度のサイズで売られている小亀だが、親亀になると20センチを超える。その姿を想像していただきたい。彼らの故郷は、もともと日本ではない。それゆえ、おいそれと水辺に放すことはできないのだ。また取り扱いには慎重に。触った後などは、石鹸で手を洗うなどのケアーが大切である。彼らに限らずペットたちとは、きちんとした知識をもってつき合いたいものである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【実は子煩悩? 子育てをするサソリ】
今回は夏の代表的な星座、「さそり座」にちなみ、サソリのお話です。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アマミノクロウサギ】
奄美大島と徳之島にだけ棲むアマミノクロウサギ。1921年3月に国の天然記念物に指定され、さらに1963年には特別天然記念物へと指定されました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【天狗のような鼻をもつテングザル。】
テングザルはボルネオ島に生息する、オナガザルの仲間である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【泡の網で魚を一網打尽】
ハンプバック・ホエールという英名をもつザトウクジラ。北半球に棲むものは、夏をアラスカやその周辺で過ごし、冬になると暖かいハワイなどで過ごしながら繁殖するといわれている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動物たちの共生】
異なる種類の生物たちが、自然と協力し助け合うことで、より快適で安全な生活を送っています。このような動物たちのことをご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【小さな怪獣、サバクツノトカゲ。】
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【オオコウモリのおおきな目】
コウモリというと、超音波を駆使したエコーロケーションにより、昆虫などの獲物を捕らえる習性がよく知られている。だが、それは洞窟などに棲む小型の種類(小翼手類)の特徴だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【子煩悩なワニのお母さん】
爬虫類の多くが、成長に適した場所に単に卵を産みつけるだけで、子育てにはほとんど関与することはない。ところが同じ爬虫類の仲間でも、ワニたちは別だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本固有種、アマミヤマシギが・・・。】
世界自然遺産の国内の候補地にも上がっている地域に含まれる奄美大島。ここに生息する固有種のアマミヤマシギが、その数を減らしているようだ。その生息数の調査がはじめられて以来、目撃数が急速に減っているというのである。理由としては開発や林道の整備といった環境の変化も大きいに違いないが、人為的にもち込まれた動物の影響も軽視するわけにはいかないようである。人間の都合だけで連れてこられた動物たちが、本来生息している生物に影響を与えているわけだ。安易な生き物の移動は、自然の生態系を蝕む元凶にもなりかねない。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)