ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハゲタカの頭には何で、羽根がないの?】
ハゲワシとかハゲタカとか呼ばれる鳥たちがいる。いずれも頭部に羽根がないため名づけられた鳥たちの種類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【現生する最大の両生類のひとつ、オオサンショウウオ】
オオサンショウウオは、現在では国の特別天然記念物として保護されている、大型の両生類だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【輸入が禁止されたプレーリードッグ。】
ペットから人間に移る感染症がある。人獣共通感染症と呼ばれるものだ。これは狂犬病をはじめ、イヌやネコといったペットにも少なからずある。ペット愛好家が1年に1度ワクチンの接種を行うのは、そうした病気への感染を未然に防ぐためだ。2003年の2月、感染症の予防などに関する法律が改正され、それを受けて2003年の3月ペットとしての人気が出始めたプレーリードッグの輸入が禁じられた。法律に基づいた措置ゆえ厳守する必要があるが、ペット愛好家として考えなければならないのは彼らの適切な管理である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「ユニコーン」のモデルにもなったという、インドサイ。】
サイといえば、およそ大きな動物であるが、インドサイはそのヒダのある鎧のような皮膚に被われており、その重戦車のような体つきからヨロイサイの別名があるといわれている。またアフリカに住むシロサイやクロサイが頭部に2本角があるのに対し、インドサイでは1本である。その角に薬効があるということから捕獲され、一時期その数を減らしたが、保護区の制定により、徐々にその数をふやしているようだ。そしてこの重戦車のような動物、伝説の獣でもある「ユニコーン」のモデルとなったことでも知られている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【コクジャクの中でも美しさNO.1のパラワンコクジャク。】
東南アジアの熱帯域を中心に分布するコクジャクの仲間の中でも、一番美しいとされているのが、パラワンコクジャクである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【アジの仲間、ルックダウン。】
日本人にとってなじみの深い魚のひとつでもあるアジ。生のままたたきにして食べるほか、塩焼きにしたり干物にしたりして、なにかと食卓にのぼることの多い海の魚だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【勇猛果敢な群れで暮らすドール。】
東南アジアをはじめ、アムール地方などかなり広範囲に渡って分布する、イヌ科の動物ドール。数頭から15頭前後の群れをつくり、グループで狩りをしながら暮らしている。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【CM動物の元祖?!エリマキトカゲ】
現在、とあるCMの影響で白い日本犬が大人気だか、20年ほど前にも、CMから一世を風靡した動物がいた。エリマキトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巧みに木を利用するヒョウ。】
ネコ科の動物の中でも、分布が広いとされているヒョウ。黄色っぽい地色に花びらのような大胆な体の模様は、ファッションなどにも取り込まれているのはご存知のとおりである。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)