ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒースヘンのような絶滅を避けるために。】
最近わが国の特別天然記念物であるライチョウが減っていることが、調査により明らかにされた。そしてかつて北アメリカでごく普通にみられたというライチョウの仲間ヒースヘンが、絶滅してしまったという事実が残されている。人により狩られて減少し、最終的には保護の措置がとられたが、度重なる天災など環境の変化が彼らを絶滅に追い込んだ。日本のライチョウにも同じことがいえるのではないだろうか。彼らの住める環境があってこそ、人間もまた暮らしていくことができるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「カチガラス」って、なに?】
日本では北九州一帯に分布している留鳥、カササギ。カラスの仲間だが体は黒と白のツートンカラーで、すらっと伸びた尾羽がスマートな印象を与える鳥である。佐賀県では天然記念物に指定されており、さらに県の鳥にもなっている。大きな木のなくなった今日では繁殖にももっぱら電柱が利用され、それによりしばしば停電騒ぎも招いたようだ。現在では彼らとの共存を目指して対策が講じられ、事なきを得ているようだ。カササギの暮らす地元では、彼らのことをカチガラスとも呼んでおり、それは鳴き声にちなんでのもののようである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【フラミンゴの羽根の色】
への字に曲がったくちばしに、ピンク色の体。そして、すらりと伸びた長い足。フラミンゴは鳥のなかでもかなり印象的な姿をしているといえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エゾシカの数の管理が、オオワシに与える影響。】
冬、北海道東部へとやってくるオオワシ。わが国で最大ともいってもいい、勇壮さを誇るワシタカ類である。以前彼らの餌の主流は、訪れた地域で盛んになるタラ漁のおこぼれだった。それがいつしか頭数を管理するための狩猟による、エゾシカへと変わったようである。そこで問題が生じた。猟に使われる散弾銃に含まれる、鉛の存在である。シカを食べることで体内に入る鉛で、中毒死してしまうのである。片や生息数の調整が必要なエゾシカ、そしてそれに伴う天然記念物であるオオワシの中毒死。彼らの保護にも、一貫した自然保護の精神の定着が必要といえるのではないだろうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコ科のハンター、カラカル。】
ペットのネコにしても、動作は俊敏で感覚がいい。野生のネコの仲間はどうだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【小さな怪獣、サバクツノトカゲ。】
最近では、匂いが少なく鳴き声のないペットとして、爬虫類を飼育している人も多いという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【人と共に生き、暮らしてきた動物。】
ペットではないが、家畜として我々人間と深いかかわりをもちながら暮らしてきた、ヒツジ。彼らは人が暮らしていく上で、その肉を提供してくれたと同時に、暖かな羊毛をもたらしてきてくれてきた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【水上に産卵する魚、コペラ・アーノルディ。】
魚はふつう、水の中で一生を過ごします。水の中で暮らし、水の中で産卵し、水の中で生まれるのです。ところが、なかには例外の魚もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ミステリアスなムカシトカゲ】
目が三つある生き物といえば、おおよそは想像上の生き物だと思われるだろう。ところが現存する爬虫類の仲間に、三つ目の生物がいる。ムカシトカゲだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【外科医の魚って?】
ドリーといえば、映画「ファインディング・ニモ」で、主人公マーリンの相棒をつとめて、ニモを求めて旅をするというキャラクターだった。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)