ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シシバナヘビの得意技。】
動物は、敵に襲われ逃げられないと判断したときに、思わぬ得意技で対抗することがあります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【フラミンゴの羽根の色】
への字に曲がったくちばしに、ピンク色の体。そして、すらりと伸びた長い足。フラミンゴは鳥のなかでもかなり印象的な姿をしているといえるだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヒースヘンのような絶滅を避けるために。】
最近わが国の特別天然記念物であるライチョウが減っていることが、調査により明らかにされた。そしてかつて北アメリカでごく普通にみられたというライチョウの仲間ヒースヘンが、絶滅してしまったという事実が残されている。人により狩られて減少し、最終的には保護の措置がとられたが、度重なる天災など環境の変化が彼らを絶滅に追い込んだ。日本のライチョウにも同じことがいえるのではないだろうか。彼らの住める環境があってこそ、人間もまた暮らしていくことができるのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【狂犬病は過去のもの?】
狂犬病は、狂犬病ウィルスを病原体とする人畜共通の感染症(人にも動物にも感染する病気)で、人が発症すると100%死に至ります。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【エンゼルフィッシュの気性】
古くから知られる熱帯魚のひとつ、エンゼルフィッシュ。エキゾチックなその姿にあこがれて、飼育を始める愛好家の多い魚である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ハクビシンが危ない?】
日本の各地に出没し、その存在が話題になっている動物がいる。鼻から両目の間を貫く白い模様が特徴的なハクビシンだ。カタカナで書くと珍獣のイメージだが、漢字で書くと「白鼻心」。その風貌を的確に現している。ジャコウネコの仲間で、アジアの諸地域に分布している。生息が確認されたのは昭和に入ってからのことのようで、その存在に関しては諸説があるが、人によって持ち込まれたものがという説が有力のようだ。ところが最近、彼らに対して迫害の目が向けられている。一連のSARS報道の影響だ。飼育している愛好家も、飼育を放棄するケースがあったらしい。人と暮らすペットの存在に関して、愛好家は今一度熟考が必要である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【動物たちの共生】
異なる種類の生物たちが、自然と協力し助け合うことで、より快適で安全な生活を送っています。このような動物たちのことをご存知でしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【お母さんが、お父さんになっちゃう?!】
動物たちの中には、人間のように男性女性の区別がなく、環境や状況に応じて男性女性が決定されたり、変化する動物がいることを知っていますか?

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)