ペットペット動物豆知識

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識
  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【もともと“ペンギン”という名前だったオオウミガラス。】
すでに地球上からは絶滅してしまった鳥、オオウミガラス。かつて北半球の大西洋に生息していた、いわゆる飛べない鳥の仲間である。全長80cm、体重5㎏に達したという大型の海鳥だが、空を飛ぶための翼は退化し、その翼を使って水中を飛ぶように泳いでいた。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【日本の近海で暮らしていた、アシカたちの話。】
動物園や水族館で見かけるアシカ。でも数十年前までは、日本の近海でも目撃することができました。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【カエルの子はカエル?】
トンビがタカを産むということわざがある。一方で、カエルの子はカエルというのがある。前者は分不相応の子息に成長したことをいい、一方で分相応の子供に成長したことをいうようだ。カエルの子供には別名があり、オタマジャクシの呼び名は広く知られている。親とはまったく違う姿で誕生したカエルの子供オタマジャクシが、成長することで結局はカエルになることから、このことわざはあるのだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ネコ科のハンター、カラカル。】
ペットのネコにしても、動作は俊敏で感覚がいい。野生のネコの仲間はどうだろう。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【巧みに木を利用するヒョウ。】
ネコ科の動物の中でも、分布が広いとされているヒョウ。黄色っぽい地色に花びらのような大胆な体の模様は、ファッションなどにも取り込まれているのはご存知のとおりである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【頭を下にして暮らす熱帯魚】
熱帯魚の中には天邪鬼な魚も多い。今回紹介するキロダスという魚もそのひとつ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹上で暮らす、風変わりなカンガルーの仲間。】
発達した後肢に短い前肢。長く伸びた尾っぽを使ってしっかりと直立するようにたたずむカンガルーは、コアラと並んでオーストラリアで代表的な動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ボルネオで発見された、新種のゾウ。】
最近の飛躍的な科学の進歩に、生物の遺伝情報DNA解析技術の発達である。その結果として種の判別が、さらに確実になったともいえる。ボルネオ島に生息する小型のアジアゾウが、新たに新種として発表された。方法としてはそのゾウのフンを集めて大学に依頼し、DNAを判定、近隣国に分布するアジアゾウのものと比較するという方法だったようである。その結果周辺諸国にすむアジアゾウとは、かなり古い時代に分かれた種類という結論がだされたようだ。技術の進歩に伴う新種の発見。今の時代に大型の哺乳類の新種がみつかったというのには、そうした背景があったのである。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【トナカイの鼻は赤い?】
この季節、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いています。なかでも一番目を引くのは、真っ赤に輝くトナカイの鼻ではないでしょうか。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【沖縄の固有種、ヤンバルクイナ】
1980年代初頭、新種の鳥として注目を集めたのがこの飛べない鳥がいる。沖縄本島の北部にだけ生息する固有種、ヤンバルクイナだ。

  前のページ |12345678910| 次のページ  
81~90(247件中)