「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

3ヵ月のミニチュアダックスの♀ですが、じゃれて噛む癖があるため、そのような時に『だめ』という一言をかけて辞めさせるようにしています。するといったんは止めるのですが、またすぐに噛み付いてきます。こうして何度も『だめ』という言葉をかけているうちに、だんだん手を怖がるようになり、なでであげようとしても一瞬逃げるような体勢をとるようになってしまいました。特に叩くといった体罰は与えてないのですが、怖がってしまいます。一体どのように噛み癖を治したらよいのでしょうか?
3ヵ月くらいのミニチュアダックスといえば、やんちゃな盛りだと思います。しつけることももちろん重要ですが、質問にあるように、現時点ではあまり怒らない方がいい面もあるかもしれません。犬の場合乳歯が生え始めるのが生後20日、それが生えそろうのが生後50日といいます。そして永久歯が生え始めるのが生後5ヵ月で 、永久歯が生えそろうのが生後7ヵ月とされています。そのため歯が生え変わる点でむずむずして噛むという行動は十分に考えられます。また仔犬の場合好奇心も強く、目に触れたものはなんでも噛んだり食べたりして、感触などを憶えていくといいます。方法としては仔犬にとって危険のない、犬ゴムのようなかじって遊ぶおもちゃのようなものを、用意してやるのもいいかもしれません。ある程度飼い主のいうことがわかるようになったら、噛み癖のしつけをします。犬は生後1年まではこの噛むこと以外にも色々なことを学習しながら、性格を作っていきます。この時期に甘えて噛んでいい強さの程度や、噛んではいけないものなどを、きちんと教えてしまわなければなりません。放っておくと、噛むことをしていいことと認識し、飼い主と犬との関係が形成されず、犬が自分が一番強いと認識し、そのバランスがくるってしまうこともあります。強く噛んではいけないことを、認識させる必要はあるでしょう。強く噛んできたときは、噛まれている指を引っ込めずに、逆に犬の口の中(それも奥の方)に突っ込みます。こうすることで、犬は嫌がって顔をそむけます。あまがみで強く噛まれたときは、これを繰り返して行い、あまがみしていい程度を教えます。また噛まれた時に口を押さえ、静かになるまで押さえるという方法もあります。そして静かになったら十分に犬をほめてやります。こうしたしつけは相当根気の要る作業です。