「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

2歳9ヵ月のコーギーのメスが居ます。子犬の頃あまり人や犬と接していなかったせいか、散歩や自宅に来客があるとすごく興奮します。4月から子供が小学校に上がり、自宅に友達を連れて来るようになって、すごい勢いで吠えてます。今では近づくだけで噛みつきそうな勢いで怖いのです。少しずつ慣らそうにも子供相手のことなので。訓練して直るものでしょうか?訓練所に預けようか?と考えています。
確かに育て方の部分で、服従訓練などのしつけが十分にできていないことは考えられます。特に興奮しやすいこういうタイプの犬では、なおさらといえます。飼い主のいうことをきけないというのは、多少なりとも権勢症候群が現われている部分はあると考えます。つまり犬との関係がしっかりできていないのです。普段から犬と一緒に遊ぶ時間を増やし、飼い主といると楽しいという体験をさせるようにしてください。基本的な犬のしつけは、飼い主がしっかりと行わなければなりません。それは犬が成長していくことで、自然に身についていくものではないからです。しつけることによって、犬は飼い主のいうことを理解することができるようになるといえます。特に、吠える、噛む、飛びつく、トイレがきちんとできない、といったことは、飼い主しだいでしっかりしつけることができるのです。まず最初の認識として、飼い主であるあなたが主人であり、犬はそのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。人間の子供と同じといえるのですが、犬は甘やかせば必ずそうした癖がつきます。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。いうことをきかなかったらしかる、それを徹底することです。犬を叱る場合ですが、体罰を与える必要はありません。手をたたいて大きな音をだすなど、犬が嫌がるようなこと行い、それにあわせて「いけない!」という表情をして犬をしかります。色々なしつけと共にこの吠え癖も矯正してしまいましょう。この犬が知らない人に会って吠えるというのは、その犬が警戒心の強い犬で威嚇して吠えている、弱気の犬でこわがって吠える、好奇心が旺盛で遊びたくて吠えているかのいずれかです。警戒心の強い犬と好奇心の強い犬の場合は、「いけない」としかります。弱気な犬の場合は、知らない人がくる前に前もって飼い主であるあなたが「大丈夫、こわくない」と声をかけ、落ち着かせるようにします。いずれにせよ、3歳近い犬ですのでこうした訓練は根気強く実行する必要があると思います。まずはなにより、あらゆる意味で犬と飼い主の信頼関係を作ることからスタートしてください。