「PETPET」ペット相談Q&A:イヌの相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

1歳3ヵ月のシーズ−(♀)を飼っていますが、9月に私の出産があり、愛犬に実家での生活をさせてしまっています。周りの人たちのほとんどが、抵抗力のない赤ちゃんとペットとの共存はしばらく控えた方がいいといいます。犬がもし赤ちゃんのミルクのにおいに誘われて口の周りをなめったり、爪を立てたり、あるいは毛を吸い込んだらアレルギーになったりアトピーになったりして、苦労するのはあなたよ!といわれます。主人の実家でも猫3匹、犬3匹を室内で飼っていて、赤ちゃんを連れて行くことをためらっています。実際、ペットと赤ちゃんとの共存はどのような感じなのでしょうか?また、どのくらいから共同生活は安心してできますか?
まず、犬にとって色々な意味で環境がめまぐるしく変わったことを、理解してあげてください。また人間の子供とペットの共存に関しても、基本的にはグループの範囲をしっかりと認識すれば、問題ないと考えます。犬にとってみれば、しばらく違うところに預けられたという体験をした点を十分に踏まえ、関係を作り直していくといいのではないでしょうか。ようは誰がリーダーであり、順位はどうなっているのかということです。犬にとってそうした部分を、明確にしてやる必要があるでしょう。アレルギーの件に関してはなんともいえませんが、いずれにせよゆくゆくは一緒に暮らすことになると考えます。それが無理であれば、当初からペットは飼えないのではないでしょうか。ただしその状態下にあって、絶対に事故がないとはいい切れないと考えます。その点には、十分な注意が必要だと考えます。飼い主として犬に対しては、お子様の方が順位が上であることを、色々な形で認識させる必要があります。たとえば、餌などに関してもお子様を含めた家族が先に食べて後にイヌに与える。あるいは遊ぶ順序もお子さんと遊んでから、その後にイヌと遊ぶようにするなどです。そうしていくうちに、犬は自分の順位に関しても、認識するものと考えます。小型犬のシーズーなので問題はないと思いますが、お子様が不用意に犬に手を出すのは危険ですので、互いに認識ができる程度で、別々にしておくのがいいのかもしれません。