「PETPET」ペット相談Q&A:海水魚の相談:詳細

  ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
その他のペット種類

海水魚の飼育では、有害なアンモニアが発生しやすいので強力なフィルターが必要なようですが、海水魚専用のフィルターは高くて手が出せません。熱帯魚用のもので、海水魚を管理することが可能なフィルターを使おうと思っているのですが、どれぐらいのろ過能力があればいいのでしょうか?上部式あるいは底面フィルター、水中モーターを考えています。
海洋生物を飼育する場合には、そのコンディションを管理する上で余裕のあるフィルターを使うことがいいといわれています。水槽に蓄積するアンモニアはフィルターなどの飼育機器のほか、水槽の水容量や水換えの頻度、収容した生物の数などによっても、影響を受けるといえるでしょう。特にアンモニアはろ過バクテリアの働きにより、比較的無害な形へと置き換えられる物質とされています。そのため、セット当初にはそうしたバクテリアが繁殖していないため、ある程度頻繁に海水を換えることで、アンモニアの蓄積を防ぐわけです。容量のある海水魚用のフィルターは確かに有利ですが、それにより海水魚などがしっかりと飼育できるというわけではありません。むしろ経験が必要な部分でもあるといえるでしょう。さて質問の件ですが、海水での使用が可能なモーターを備えたフィルターであれば、もちろんどのようなタイプでも使うことが可能です。またそうしたフィルターを複数個を使用することで、交互にメンテナンスすることが可能です。いずれにせよろ過の要になるのは、そこに収容するろ材です。そちらのほうの管理をしっかりと実行することが、上手に生物を飼育するコツだといえるでしょう。