PET PET動物百科事典 :淡水魚図鑑
ナマズの仲間:シノドンティス・ムルチプンクタータス
【学 名】Synodontis multipunctatus
【分 布】タンガニイカ湖
【体 長】15cm
■特 徴
銀灰色の体にブラックスポットが散在する、シノドンティスの仲間の1種。シノドンティスの流通量が激減した昨今でも、比較的よくみかけるポピュラー種である。
■飼 育
【飼育適合水槽】
90cm
【水 質】
弱アルカリ性の硬水
【エ サ】
何でもよく食べるが、底棲生活をするため沈降性の人工餌をメインに与えたい。コリドラス用のタブレットフードもかなり有用である。
【その他】
テリトリー意識が強いシノドンティスの仲間の中では比較的温和だが、それでも弱い個体の逃げ場所を、岩などを利用して確保してやること。水質から考えても、アフリカン・レイク・シクリッドとの混泳がお勧めである。
■繁 殖
【雌雄差】
不明。
【繁 殖】
マウスブルーダーの性質をもつタンガニイカ・シクリッドの産卵場所に侵入し、自分の卵を産みつけてしまうという、かなり特異な産卵形態をもつ。シクリッドは、自分の卵との見極めができず、この種の卵を口にくわえて、フ化まで保護してしまうという。
■備 考
その非常に特異な繁殖形態で有名だが、よほど大きな飼育水槽でなければ、この珍しい習性を眼のあたりにすることは難しい。しかし、ヨーロッパでは本種の繁殖に成功しているとの報告がある。
★別のカテゴリの淡水魚を見る