Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

冷たい北からの風が、いつしか東よりへと向きを変えてくると、雑木林がかすかに笑い始め、野には春色が満ちてきます。

風光る4月から、風薫る候へと移ろってきました。新芽が萌え出でる山野は、まるでパステル画を見るようで、緑の色調は日一日と濃さをおび、ボリュームを増しながら鮮やかに変わっていきます。

ひときわ寒さが肌を刺します。
 出勤時、郊外の最寄り駅前にある電光掲示板は、−3度を示していました。

さわやかな早朝、高く澄み切った西の空には、白色を帯びた満月が淡く入り残っています。ようやく秋の訪れを肌で感じ始めました。

まるでハンで押したような日課ですが、早朝と夜更けにアイツ(10才・36Kg)と、のんびり語らい(?)ながら歩いています。その合間に、こちらは畦畔の彼岸花やキンモクセイの芳香等の小さな秋を見つけたり、アイツは芝生に寝ころんで身体をこすりつけたりと、お互いに好き勝手をして過ごします。それにしても、この異常気象にも負けずに、いずれの花も見事に時期を違えずに咲き出すものと、いつも自然界の摂理に感心させられています。