ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

茶畑の新芽を渡る心地好い薫風の中で一服していると、いつの間にか臭いをかぎつけてのっそりとアイツ(10才・35Kg)が近寄ってきます。

気がつけば、日脚がグーンとのびて球春も間近、暖かい陽光が待ち望まれます。
つい最近のことですが、お年玉のつもりでアイツ(6才・36Kg)に念願の木造新居(コテージ風ワンルーム)を奮発いたしました。これまでの大型中古バリケンと比べて一挙にグレードアップしたところです。

一面の広い芝生の公園は、そこだけが一段と緑が濃くなってクローバーが密生しています。かれこれ50分ほど歩き回り、アイツ(7歳・37Kg)の呼吸も激しさを増してきたので、深々としたジュータンに腰を下ろすとアイツも傍らに身を横たえてきました。

前線の停滞により、さしもの灼熱地獄もようやく和らぎましたが、それにしてもこの夏はすさまじい暑さでした。

「白玉の歯にしみとほる秋の夜は」を迎えるにはまだ間がありそうですが、それでも動物愛護週間が終了するとともに随分と凌ぎやすくなり、アイツ(8才・37.5Kg)も精気を取り戻して散歩時間が長くなってきました。