ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

某日、都心は夕刻より激しい春雷に見舞われました。

ご存じのように、英国では「犬は人類最良の友である」と公言されるほどに、国民の犬好きは有名です。

毎休日のことですが、この時期におけるアイツ(オス・5才・36Kg)との散歩コースは、まぶしい日差しをのがれて緑陰がメインとなります。

休日に限り、アイツ(オス・5才・35Kg)との朝の散歩コースは、時間延長サービスで近くの一級河川(川幅はわずか2m余り)の土手沿いをのんびりと歩くのが定番となっています。そこにはカルガモが棲みつき、3月の上旬には軟式ボールほどの8羽のヒナを見かけました。やがてヒナたちはソフトボールの大きさに成長しましたが、数は5羽に減っていました。そう言えば、川岸のムクの大木にはいつも数羽のカラスが・・・。

例年のことですが、年度末を迎えると地方への出張が頻繁となります。
家人からは、「いろいろな所に行けていいわね」と言われますが、どうやら旅行と勘違いしているようで、いささか心外です。