ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

この夏は、記録的な灼熱地獄でしたが、スポーツでも熱かった。

高校野球は、真紅の大優勝旗が史上初めて津軽海峡を渡り、オリンピックはメダルラッシュに湧きました。そして、真夏の感動が去ると一転して暑さも峠を越えたかのように涼しくなり、どうやらアイツ(7才・37Kg)も少しずつ息を吹き返してきました。

明けましておめでとうございます。
俗に、犬は人に付き、猫は家に付くと言われますが、確かに犬の場合は飼い主の一挙手一投足に鋭敏な反応を示し学習をしていくようです。そのせいでしょうか、時たま、飼い主によく似た犬や犬によく似た飼い主を見かけることがあります。

雨間につかのまの青空を見上げますと、心なしか空も高くなり、日差しがやわらいできました。それにしても、連日に渡り日本各地を抜き打ち的に暴れ回るゲリラ豪雨は、まさに異常としか言いようがありません。昨年は高温の記録が話題となり、今年は雨量の記録を残しながら夏が過ぎ去ろうとしています。

いつしか日没時間も早まり、もの静かな晩夏の気配が漂いはじめたころ、俄かに日本列島の各地が拡声器の大声であふれ始めました。その20日ほど前のことですが、炎暑の盛りに万博で賑わう観光客をしり目に愛知県の三河地方に出向きました。

長いトンネルを抜けると、そこはウソのような明るい青空が広がっていました。
前月末、新潟県に出張した際の一駒です。上越国境の高い山並みの上には、真っ青な空に白い雲が浮かび眩しい陽光が降り注いでいました。