ペット情報総合サイトPETPET-【ペットといっしょに考えよう】

ペットコラム

台風一過、猛暑をついて茨城県まで出張に出向きました。利根川を渡るや車窓は一変し、山野はまさに滴るような目にやさしい緑一色に染め上げられ、真っ青な夏空には数片の白雲が列車と並行するかのように北へ流れていました。

雌雄は定かではありませんが、2羽のセグロセキレイがしきりと飛来してきます。
隣りの茶畑から庭の梅の木へ飛び移り、あたりの様子をうかがってから、やおらアイツ
(9才・37Kg)の小屋の周りに降り立ちます。
しばらく観察していると、何と彼等の目的はアイツの抜け毛を収集していることが判明いたしました。多分、営巣の素材として暖かい純毛を利用しているのでしょう。グッドアイディアに感心いたしました。

出張の帰途、遅い春を迎えたばかりの信州は中央アルプスのふもとに位置する「光前寺」を訪ねてきました。国の名勝にも指定された古刹で、近年は夜桜の美しさや庭の光苔が有名となり、しばしばテレビにも紹介されています。

明るい陽ざしが春の訪れが近いことを告げています。
しかし世相に顔を向けると…。政治、経済そして人と動物との関わり、世相の反映とはいえ情けない限りです。本格的な春の到来が心から待たれます。

雨間につかのまの青空を見上げますと、心なしか空も高くなり、日差しがやわらいできました。それにしても、連日に渡り日本各地を抜き打ち的に暴れ回るゲリラ豪雨は、まさに異常としか言いようがありません。昨年は高温の記録が話題となり、今年は雨量の記録を残しながら夏が過ぎ去ろうとしています。