Skip to main content

ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:イヌ
ペット相談Q&Aトップ  > イヌの相談  > イヌのお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
ビーグルとダルメシアンのミックスから生まれた、1歳半のメスを飼っています。散歩中に拾い食いをするので困っています。餌を与えてから散歩しても同じで、何かを探すために歩いているようです。ゴミやチューインガム、ゴミ焼き場に残っている燃えカスなど、何でも食べようとします。そうしたものが落ちていなさそうなところを歩くのですが、どこからともなく拾ってきます。だめと叱ったり、口に手を入れて取り上げたりするのですが、あまり効果はありません。口にはめる輪のようなものを着けるべきなのでしょうか?
散歩の時の拾い食いの件ですが、そうした癖は矯正しなければなりません。基本的な、犬のしつけは犬が成長していくことで、自然に身についていくものではないからです。しつけることによって、犬は飼い主のいうことを理解することができるようになります。それができて初めて、ペットと楽しく生活がおくれるといえるでしょう。まず最初の認識として、飼い主であるあなたが主人であり、犬はそのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。人間の子供と同じといえるのですが、犬は甘やかせば必ずそうした癖がつきます。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。「こんなことしたら可愛そう」と、遠慮しながらつき合うと、どんどん図に乗ってくるといえます。いうことをきかなかったらしかる、それを徹底することです。体罰を与える必要はありません。手をたたいて大きな音をだすなど、犬が嫌がるようなこと行い、それにあわせて「いけない!」という表情をして犬をしかります。相談内容から判断すると、かなり興奮しやすいタイプの犬であることも考えられます。散歩に連れ出す際に、十分落ち着かせるのも方法だと考えます。そして拾い食いには十分に注意し、そうした仕草をみせたらリードにショックを加えます。また拾い食いをしてしまい叱る場合は、その瞬間に叱ることが重要です。あとになって叱っても、犬は何を怒られたのかわかりません。また食べ物と一緒にビニール袋など飲むことで、消化されずに腸につまり腸閉塞を起こす原因にもなります。散歩の際も要所要所で落ち着かせ、ペットとの関係を作るようにしてください。相談にあるように口輪をして散歩をすれば、もちろん拾い食いはできなくなるでしょう。一度拾い食いをさせないように改めてしつけてみて、だめなようなら使用を検討するといいのではないでしょうか?


TOP