Skip to main content

ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:イヌ
ペット相談Q&Aトップ  > イヌの相談  > イヌのお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
5歳になるゴールデンリトリバーのオスに、犬の本に書いてあった飼い主のすぐ横に付くようにさせる「つけ」の躾をしたいんですが、やりかたが書いてありません。「つけ」の躾はどのようにしてやればよいのでしょうか?
散歩などの際に飼い主の左側につける「つけ」のしつけは、重要なもののひとつといえます。散歩中常に左につけておく必要もありませんが、必要なときに犬の行動を制御できなければならないとはいえるでしょう。色々な方法はあると思いますが、一例としては犬を飼い主の左側につけて「オスワリ」をさせます。リードは犬に指示が伝わりやすいように、短くもちます。その位置でおやつをみせ、「アトヘ」の指示とともに飼い主は一歩前へ出ます。そのとき犬は元の位置です。その後おやつを見せて飼い主の左足側につくように誘導します。再びオスワリさせます。こうして犬に飼い主の左足のところにつくことを教えます。これを繰り返しながら教え、うまくできたらおやつを与えます。これができるようになったらおやつで犬を誘導しながら、左から一周します。回りながら「アトへ」と指示をし、飼い主の左足のポジションに犬がいることができたら、ご褒美に誘導に使ったおやつを与えます。なかな言葉だけで説明するのは難しいのですが、基本的には飼い主の左の位置につけたらご褒美を与える、というのがそのやり方といえます。現在では、写真入のペットのしつけに関する書籍も多く発刊されていますので、参考にされればと思います。


TOP