Skip to main content

ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:イヌ
ペット相談Q&Aトップ  > イヌの相談  > イヌのお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
5ヵ月のメスのパピヨンです。もう5ヵ月になったので、お手とお座りぐらいはしなければいけないと思って、教えようとしたのですが、お手とお座りという言葉をいうと“ウー”っと唸っていきなり怒り出して、自分のケージに入って出てこようとしません。今までにお手とお座りという言葉でいじめたこともないし、怒ったこともないのに(怒った口調で言ったりもしていない)、その二つの言葉をいうと逃げていってしまいます。そのためしつけができません。どうしたらいいでしょうか?たぶん、命令されるのがイヤなんだと思うんですけど、どうしたら直りますか?
この場合、まず犬との関係がしっかりとできていないのが考えられます。基本的な犬のしつけは、飼い主がしっかりと行います。それは犬が成長していくことで、自然に身についていくものではないからです。しつけることによって、犬は飼い主のいうことを理解することができるようになるといえます。特に、吠える、唸る、噛む、トイレがきちんとできない、といったことは、飼い主しだいでしっかりしつけることができるのです。それができて初めて、ペットと楽しく生活がおくれるといえるでしょう。まず最初の認識として、飼い主であるあなたが主人であり、犬はそのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。人間の子供と同じといえるのですが、犬は甘やかせば必ずそうした癖がつきます。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。いうことをきかなかったらしかる、それを徹底することです。体罰を与える必要はありません。手をたたいて大きな音をだすなど、犬が嫌がるようなこと行い、それにあわせて「いけない!」という表情をして犬をしかります。犬は生後1年くらいまでに、色々なことを学習しながら、その性格を形成していきます。そうした意味でも非常に大切な時期といえるでしょう。飼い主に対して不適当なことをしたらしかる。この地道な訓練により、必ず色々な癖は矯正できるはずです。質問にある「お手」や「おすわり」といった動作は、犬の飼い主に対する服従や信頼の現れであるはずです。先にふれた基本的なしつけができていれば、こうした行動はおのずとできるようになるはずです。命令されるのがいやということは、犬が飼い主より偉いと思い込んでいる、つまり権勢症候群の表れでもあります。そこを矯正する必要があるでしょう。そうした上で、「お手」といったらこのようにする、「おすわり」といったらこのようにすると、いちいち教え、しっかりとできたら十分にほめてやる。こうしたことを積み上げることによって、犬は飼い主とのコミュニケーションを楽しむようになるといえるでしょう。まずは何より、それ以前の基本的な犬との関係作りに関してを徹底して行うことです。


TOP