Skip to main content

ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:イヌ
ペット相談Q&Aトップ  > イヌの相談  > イヌのお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
5歳オスのミニチュアダックスフントです。ヘルニアとの診断で安静を保ち、半身不随状態だったところから、痛みを感じない様子で、元気に走り回るように回復した現状です。しかし、後ろ足の踏ん張りが今一弱々しく、背骨をいつも丸めています。ダックス特有の平らな背中ではありません。段差のない場所で生活させ、背骨を十分に伸ばして眠れる寝床を用意したりはしたのですが、あまり変化はなく、ご相談した次第です。散歩は気分転換程度におさえています。体重は健康時からは500gから1kg程度の増加(現在5kg)です。よろしくお願いいたします。
ご質問にあるダックスフンドのように、胴長短足の犬種ではこのヘルニアという症状が現われやすいとされています。ただ半身不随であったものが、かなり正常な状態にまで看護されていますので、その措置は正しかったものと考えます。ヘルニアと診断され、とあるので、獣医師の診療をうけているものと考えますが、詳細な看護方法に関しては、かかりつけの獣医師の指示に従うようにしてください。5歳ということなので、背を丸めている部分での手術か否かに関しても、相談してみるといいでしょう。体重に関しても太りすぎに特に注意します。この体重の増加はおそらくは運動の不足からくるものだと考えます。かといってヘルニアの犬に対して過度の運動は不適切と考えますので、餌の量で調整するのがいいと思います。


TOP