Skip to main content

ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:イヌ
ペット相談Q&Aトップ  > イヌの相談  > イヌのお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
ラブラドールレトリバー(オス3歳)が、今まで何度その場で叱っても、拾い食いが直りません。何か良いしつけの方法があったらお教えください。
拾い食をするという件ですが、そうした癖は矯正しなければなりません。不用意なものを口にすると非常に危険だからです。まずイヌとの関係をしっかりとしたものにする必要があるといえるでしょう。まず最初の認識として、飼い主であるあなたが主人であり、犬はそのいいつけに絶対したがう、服従者であることを徹底してください。き然とした態度で犬に接することが重要です。犬は甘やかせば必ずそうした癖がつきます。犬は思っている以上に、人間の心がお見通しです。遠慮しながらつき合うと、どんどん図に乗ってくるといえます。しつけることによって、犬は飼い主のいうことを理解することができるようになるといえるでしょう。そうした上で、この拾い食いの癖を矯正していきます。といっても、常にさせないようにすることです。基本的には拾い食いをしそうになったら、リードにショックを与えてその行動を制約し、「いけない」といって叱ります。また別の訓練方法のひとつとして、シュミレーションをしながら訓練する方法もあるので触れておきます。まず、イヌに知られぬように肉片やチーズなどのものを、庭など数箇所用意します。そこへイヌを誘導し、落ちているものを発見し口にしようとしたらリードにショックを十分加え、「いけない」といって注意します。これにはタイミングも非常に重要で、早くても遅くても問題があります。食べようとするまさにその瞬間に、叱るようにします。くわえてしまったらそれを口から取り出し、それを鼻先に突きつけながら、「いけない」といってマズルをひねるなど、イヌの嫌がることをします。この訓練はイヌの本能を制御するものですから、根気強く、確実に実行することが必要です。後は具体的に散歩コースなどでもやってみて、イヌが食べ物を発見しながらも、食べるのを我慢できたら、十分にほめてやるようにします。この方法は訓練の1例であり、他にも方法はあると考えます。拾い食いは、イヌが食べ物と一緒にビニール袋など飲むことで、消化されずに腸につまり腸閉塞を起こす原因にもなるので、徹底して矯正する必要があるといえるでしょう。


TOP