ペット相談Q&A−ペット情報総合サイトPETPET

ペット相談Q&A:熱帯魚
ペット相談Q&Aトップ  > 熱帯魚の相談  > 熱帯魚のお答え  
その他のペット種類


ペット相談Q&Aについて
このページでは、ペットについての相談とその回答を探すことができます。簡易的なお答えですので必要と判断されましたら適切な動物病院等で受診してください。 実際に動物病院等などを受診する際も、治療方法やお薬の内容等、担当の医師によく相談・確認するようにお願い致します。 お近くの動物病院をお探しの場合はこちらから検索もできます。
夏場の水温のことで質問です。水槽は60㎝サイズで、テトラやヌマエビのほか、水草は3ポット入ってます。暑い日は蛍光灯をずらしたり、扇風機を当てたり冷房を利かせたりしましたが、全然効果がありません。心なしか魚やえびの元気がありません。クーリングファンは高額だと聞いたことがありますが、夏場水温を24℃くらいに保てるのでしょうか?旅行の予定もあり、その間もとっても心配です。熱帯魚を飼われている方は、夏場どうなさっているのでしょうか?不安でペット屋さんに返そうかとも思います。氷などを入れてはいけないのでしょうか。
クーリングファンの価格ですが、もちろんメーカーなどによっても異なりますが、2000〜3000円前後だと思います。これにより水槽の水温を、取り付けない状態から2〜4度程度は下げられるといわれています。もちろん他の条件によっても異なってきますが、目安としてください。いずれにせよ、暑い日本の夏で飼育水を24℃にキープするのは、なかなか難しいといえ、28℃程度を越えない範囲を心がけるといいと思います。この水温はわが国の一般的な愛好家が、目指している夏場の水温でもあるといえるでしょう(海水魚で、サンゴなどの無脊椎動物を管理しようとしている愛好家はもっと低水温を目指します。そのために能力に合った、水槽用のクーラーが取り付けられていることがほとんどです)。氷を入れること自体はかまいませんが、かなり頻繁な作業になり手間がかかりますし、あまりに急激な水温の上・下降は魚たちの病気の発生を招きます。ペットショップでは、おそらく室温をエアコンでコントロールしているはずなので安心ともいえますが、それでは夏場に関しての飼育の続行が、いつまでたってもできません。高水温で多少魚が死んでしまう可能性はあるかも知れませんが、できれば夏越えに挑戦したいところです。蛍光灯をリフトアップする、蛍光管の使用を少なくする(通常2灯なら1灯)、クーリングファンを使う、エアコンを有効に活用するなどの方法で、トライしてください。旅行に関してはしょうがありませんが、部屋が蒸し風呂状態になるのは避け、十分に換気をして、その間は蛍光灯を消しっぱなしにしたほうがいいと考えます。


TOP

いなばペットフード株式会社
犬と猫の飼育大百科