Skip to main content

ペット情報総合サイトPETPET-ネコ図鑑【セミフォーリン】デボン・レックス

動物百科事典

ネコ セミフォーリン

デボン・レックス
デボン・レックス
歴史

妖精のような顔をもつ小柄な猫は、小さめの顔に大きくぱっちりした楕円形の目をもっています。

特徴

顔は短めで、やや丸みのある三角形。大きな耳はビールジョッキのもち手のように張り出しています。目も大きな楕円形で、ちょっと釣りあがっています。細く締まった胴体の小柄な体形で、被毛は柔らかく、くるくるとさざなみのようにカールしています。すべての毛色が認められます。

外見的特徴

1960年、イングランドのデボンシアで発見された猫は、納屋などに住んでいましたが、どこにでもいる普通の家庭猫の中に、小さめの顔には大きすぎる耳を持って、妖精のような表情をしていました。そして、硬い筋肉質な体には、突然変異のタンポポの綿毛のように柔らかい被毛で包まれていました。その愛らしさから「妖精のようだ」と噂され、イギリスでは1967年に公認されて、アメリカでも人気になり、CFAでは、1979年に公認されています。コーニッシュ・レックスと同じ巻き毛ですが、その遺伝因子は異なるため、両者を交配しても普通の毛の猫が生まれます。

性格

細くて締まった胴体をした小柄な体形で、顔は短めで小さく、やや丸みのある三角形、大きな耳は張り出して強い印象を与えます。目は大きな楕円形で、ちょっと釣り上がっています。

毛の特徴

突然変異による毛は柔らかく、くるくると巻いています。すべての色が認められています。

飼い主との相性

ちょっぴり小悪魔的な雰囲気をもっていますが、ごく近年になって、アメリカでの人気が沸騰しています。好奇心が強く、陽気で、誰でも好きになれる性格です。

飼育環境

小柄な猫は陽気で遊び好き、高いところも大好きですから、物が落ちないように整理してください。

手入れ

デボンはお風呂が大好きといわれるように、とても手入れが簡単です。

選び方のポイント

まだまだ日本では数少ない猫種ですが、独特な雰囲気をもつので、人気猫になると予想されます。繁殖する人は、最初に求める猫が大切です。優秀な血統やタイプのメス猫を選んでください。